ワンダーカジノ 攻略法

オンラインカジノの攻略法

近年は、ネット上に複数の海外オンラインカジノが提供されており、ギャンブラーにとっては選択範囲が広がっています。

最近では日本語へも対応するようになっており、外国語が分からなくても安心してゲームができます。

ところで、オンラインカジノもギャンブルである以上、勝つか負けるかは常に2分の1の確率です。

1つの勝負に一喜一憂しないで冷静でいることが勝つためのポイントでもあります。

ただし、ペイアウト率の関係で、勝率が2分の1では資金が消耗していきます。

⇒住所入力不要のため30秒で登録可能!ワンダーカジノで遊ぶ

⇒ワンダーカジノの登録方法

オンラインカジノの攻略法

そこで勝負事では勝つための方策として、色々な手法が考え出されるものです。

その手法の中に、「マーチンゲール法」と「パーレー法」があります。

●マーチンゲール法とは

オンラインカジノでよく聞かれるのが「マーチンゲール法」です。

カタカナ語のため、何か難しい理論のように感じますが、中身は非常にシンプルです。

マーチンゲール法は昔からカジノの世界で使われていた手法ですが、実は日本でも古くから使われていました。

テレビの時代劇の賭博のシーンで、1両賭けて負けると2両賭け、2両でも負けると4両賭ける渡世人がいます。

この手法は「難平(ナンピン)」と言われるものですが、マーチンゲール法も全く同じです。

つまり、勝つまで倍掛けしていく手法がマーチンゲール法です。

●マーチンゲール法のシミュレーション

例えば、始めに1ドルを賭けて負けたため、マーチンゲール法を採用します。結果は4回目まで負け、5回目に勝ちました。

その場合の損益は以下になります(金額は掛け金、カッコ内は累計損益)。

  • 1回目:1ドル(-1ドル)
  • 2回目:2ドル(-3ドル)
  • 3回目:4ドル(-7ドル)
  • 4回目:8ドル(-15ドル)
  • 5回目:16ドル(+1ドル)

このデータを見れば明らかなように、最後に勝った時の利益は最初に賭けた掛け金の1ドルだけです。

そのことは10回目に勝っても、100回目に勝っても変わりません。

それよりももっと肝心なのが、5回目の掛金が16ドル(16倍)になっていることです。

仮に、1回目の掛け金が1ドルではなく1万円だとしたら、5回目の掛け金は16万円です。

さらに、5回目でも勝てずに10回目まで続けた場合の掛け金は、何と512ドル(1万円の場合は512万円)までアップします。

マーチンゲール法は途中でやめると、それまでの倍掛けの損失が確定してしまいます。

マーチンゲール法は途中でやめてはならない手法になっています。

⇒攻略法を使ってワンダーカジノでプレイする!

⇒ワンダーカジノの登録方法

●マーチンゲール法のメリット

マーチンゲール法のメリットはただ一つ、「絶対に勝てる」ということです。

勝つまでやめないために必ず勝ち、負け分を取り返せます。

オンラインカジノにおいて、これ以上の必勝法はありません。

倍率1/2のゲームの場合、勝負の確率は常に50%です。

5回連続して負けたとしても、10回連続して負けたとしても、次の勝負の確率は50%です。

つまり、マーチンゲール法は永久に負け続けることは無いという考え方の上に成り立っています。

現実に、理屈の上では、10回連続して負ける確率は0.09%(1万回に9回)でしかありません。

●マーチンゲール法のデメリット

マーチンゲール法のデメリットもただ一つ、「破産」が待っているということです。

シミュレーションで分かる通り、5回目の掛け金は16倍、10回目には512倍になります。

大富豪でもない限り、資金が消滅します。

それよりも、破産という恐怖に精神的に耐えられませんね。

⇒攻略法を使ってワンダーカジノでプレイする!

⇒ワンダーカジノの登録方法

パーレー法とは

パーレー法はマーチンゲール法の逆パターンです。

そのため、逆マーチンゲール法とも呼ばれています。

つまり、負けた時ではなく、勝った時に賭け金を倍掛けする手法です。

従って、損益の計算方法はマーチンゲール法の-を+にするだけです。

パーレー法では仮に、最後に負けたとしても、失うのは1回目の掛け金だけです。

莫大な利益が待っているため、1回目の掛け金など無くなっても良いと思えば、夢を見ることができます。

ただし、何回勝ったらやめるという計画を立てないと、必ず全ての利益を失いますので、注意が必要です。

⇒攻略法を使ってワンダーカジノでプレイする!

⇒ワンダーカジノの登録方法